So-net無料ブログ作成
検索選択

バリウム検査 [病気と病院のお話]

 

7月1日。午前中によつ葉をクリニックへ。

相変わらずご飯を食べない状態が続き、お腹も腫れていました。

 

このまま、投薬・保温の対処療法を続けるか

バリウム検査を受けるか、ということになり、

この日、午後の仕事が忙しかったのと、ご飯を食べていないのもあり

バリウム検査を受けて、翌朝午前中のうちにお迎えに来ることにしました。

クリニックにいれば、状況に応じて強制給餌もうけれますし。。。 

 

が、そのまま仕事へ出た私の携帯に途中で連絡が。

 

バリウムが、そ嚢から落ちていかないというお話でした。

一昨日に食べたシードもそのまま、そ嚢に残っている状態で

 

この状態の場合、数時間で落鳥してしまうケースも多いとのこと。

急ぎ、仕事を調整して午後4時頃お迎えにいきました。

よつ葉、とっても辛そうな状態でした。

 

先生からは、あとできることは胃腸の動きをよくする注射くらいということで

ただ、副作用がでるケースが非常に多く、興奮状態になりパニック的な状態になる場合もあるとのこと。

すごく迷いましたが、もしその場合、暗くして落ち着かせる。怪我をしない環境にする。

酸素を入れてみる。など対応をお聞きして打ってもらいました。

病院では、安定剤などの注射で対応したりするそうです)

 

幸い、よつ葉はパニックのような状態ではありませんでしたが

明らかに覚醒している感じでした。

自宅ではプラケの蓋を逆さまにして使っているのですが

取っ手の部分を引き出してブランコのように乗ってみたり・・・

粟穂をついばんだり。。。

 

でも、その注射の効果はあったようで

夜には、大きめのウンチがでました。

 

ちなみに、この日病院で検便をした結果は、まだ出血は止まっていないということでした。

お腹に違和感があるのか?おしりをすごく気にしていて、毛も自分で抜いてしまっていた。

そして、夜になってからは、まるで抱卵をしているような体勢になりました。

プラケを私の隣に置いて寝ようとしたら、きょとん♪ としたお顔で私を見ていたのが

印象的です。

 


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。